オーストラリア生活情報

オーストラリアの銀行口座開設

みなさん、留学時の銀行口座開設はどのように考えていらっしゃるでしょうか。今回は、オーストラリアでの銀行口座開設に際し、私の経験をシェアしようと思います。

(私の)銀行の選び方とその理由

オーストラリアにも、日本やアメリカと同様、数多くの銀行があります。私はその中で、Australia and New Zealand Banking Group Limited (ANZ)という銀行に口座を開設しました。その理由は、

ANZは日本で口座を開設できるから

です。「そんなの、魅力じゃないよ。現地で開設すればいいじゃん。」とおっしゃる人もいるかもしれません。おっしゃる通り、銀行口座の現地開設は簡単です。アメリカでもオーストラリアでも、渡米・渡豪直後で住所が決まっていなくても、当日中に開設することができます。むしろ、日本で現地口座を開設する方が何倍も面倒です。

では、なぜそうまでして私は日本で現地口座を開設してから渡豪したのでしょうか。

最も大きな理由は、渡豪後の住居契約に支払うお金がすぐに必要だからです。こちらの記事で書いた通り、オーストラリアで賃貸契約する際は、inspectionといって直接内覧をしなければなりません。そして、契約時にはbondと呼ばれる敷金を払わなければなりません。その際に、ある程度まとまったお金が必要であり、通常は自分の銀行口座から振り込むことになります。すなわち、オーストラリアの現地口座をもっていれば、住居探し・契約をずっと早く楽に行うことができます。

現地に行ってから開設してはダメなのか?

「現地に行ってから口座を開設しても、同じではないか?」と思われるかもしれませんが、「現地で口座を開設する=口座にお金が入っている」ではありません開設後、その口座にお金を入金する必要があります。

この入金・送金が、実は一癖あります。基本的に、送金というのは自分が行わなければならないからです。すなわち、日本を出国している時点で、日本にある自分の銀行口座から自ら送金することが難しくなります。ですので、簡単な方法は、日本にいる家族などに送金をお願いすることです。しかし、お金に関するお願いはできる限り避けたいものですよね。それに、それに、送金から入金までには数日かかります。

また、Prestia(旧citi bank)に口座を開設すれば(←私がアメリカ留学時にやっていた方法)、online上で送金できますが、onlineで送金ができるようにするための手続きを行わなければならず、その手続きには送金先である現地口座の詳細(支店や口座番号)が必要になります。要するに、「現地口座開設→手続き→オンラインで送金→現地口座に入金」という流れになるため、計1週間〜2週間はかかってしまいます。

以上のように、現地に出向いて初めて銀行口座を開設すると、住居の契約などに使うための、ある程度まとまったお金を準備するのに時間がかかってしまいます。1〜2週間だけならどうってことないよ、という人は構いませんが、私の場合は、金銭的にも精神的にも、できるだけ早く住居を決めてホテル住まいから脱却したかったので、日本で現地口座を開設する、という選択肢をとりました。

方法

詳しくは、ANZのホームページにある現地口座開設媒介サービスをご覧いただきたいのですが、いくつか注意点を記しておきたいと思います。

手続きが煩雑

この手続きが非常に煩雑です。必要な書類も多い挙句に、ちょっとしたミスも許されません。

ANZは、日本国内では東京と大阪に支店をもっています。大阪でも現地口座開設手続きはできるようですが、東京が責任支店であり、書類も結局は東京に送られるようです。手続きの複雑さを考えると、東京で手続きを行った方が良いように思います。

私の場合、西日本に住んでおり、仕事も休むことができなかったため、郵送でのやり取りを選択しました。東京支店のスタッフと何回も電話で話し合い、書類をスキャンし正しい書き方を指示・訂正してもらい、その後書類一式を郵送しました。それでも、数点の不備(レ点による□のチェック忘れ、Hukuoka → Fukuoka、など)が発覚し、書類を送り返してもらい、再度郵送することになってしまいました。とても親切なスタッフでしたので良かったですが、かなり大変でした。

時間的余裕が少ない

現地口座開設サービスを利用できるのは、日本出発の1ヶ月前から2週間前までです。この短期間に、上記の複雑な書類一式を完成させる必要があります。書類の不備のことを考えると、可能であれば東京支店に出向くのが一番だと思います。

なにせ煩雑な書類のため、ANZの担当者も強く来店を推奨していました。私の場合、仕事や住居地の関係で郵送での手続きを選びましたが、時間的にもかなりギリギリであり、ANZの担当者にも非常に助けてもらいました。

結局は現地のANZを訪れる必要がある

このサービスを利用したところで、結局は渡豪後に現地の支店を訪れる必要があります。口座をactivateする、とでも言うのでしょうか。あくまで日本のANZとオーストラリアのANZは別組織なんですね。予め、メールで予約を取っておきましょう。

ただし、現地での手続きはとても簡単です。全ての情報は既に送られているので、パスポートを見せるだけで簡単にactivateしてくれます。数日でカードも手元に届きます。

まとめ

もしかすると、口座維持費用や利息といった点においては、他の銀行の方が魅力的なのかもしれません。資産運営などでオーストラリアで銀行口座開設を考えている方は、他のサイトを参照して下さい。

私の場合は、短期留学であったこともあり、上記のような点から考えて銀行を選び開設しました。似たような人は、参考にしてはいかがでしょうか。

ABOUT ME
木村聡
福岡県の研修病院で初期研修修了後、大学に入局。米国オハイオ州に臨床研究で留学するも、知識の欠如を痛感。ハーバード公衆衛生大学院に進学し、MPHを取得。マサチューセッツ工科大学メンバーとの共同研究などに関与。 日本では麻酔・集中治療医として働き、オーストラリアでは小児集中治療を一から学び直しています。 乗り越える壁を見つけ続けることは、なかなか簡単ではありませんよね。アラフォー目前、様々な壁にぶち当たり、それなりに多くの経験をしてきました。私の挑戦や経験・知識、失敗談などが、他の誰かの刺激になり、役に立つことを切に願っています。 プロフィールをもっと詳しく見る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です