オーストラリア臨床留学の手続き

資格証明書のコピーと公証人

後日談ですが、AHPRAという組織から連絡がきて、下記の方法では受け付けないと言われました。後日記事にしますが、くれぐれも下記の方法で提出するのは避けてください。すなわち、

下記の方法で資格証明書のコピーを証明することは間違っています!!

せっかくの失敗談なので記事は消しませんが、真似しないようお願いします。

資格証明書のコピーの証明

みなさん、公証人ってご存知ですか?

海外で医師として働く際、医師免許証や専門医資格証明書などの英訳や、英語のテスト結果の提出を求められることがあります。しかし、そのような書類の(原本ではなく)コピーを提出する際は、それぞれが本物のコピーであることの”certification”が必要と言われます。

※オーストラリアのAustralian Health Practitioner Regulation Agencyでは、このような記載があります。

そして、このような証明が行える人(authorized people)は、

  • Justice of the Peace
  • Notary public
  • Australian Consular Officer or Australian Diplomatic Officer
  • Employee of the Commonwealth or the Australian Trade Commission who works outside Australia

だそうです。この中で、最も簡単そうであったのがNotary public (公証人)であったため、私は公証サービスを利用しました。

しかし、いざ公証人に色々話しを伺うと、私の理解と公証人ができることに差があるようなので、私のような人のために、私の経験を記しておきます。

(たぶん)求められていること

オーストラリアサイドとしては、それぞれのコピーが本物のコピーであることを証明してほしいようです。実際、ホームページでは、

  • 私が原本とコピーの両方をそのようなauthorized peopleの所へ持参し、
  • 彼らがそれらが同じものであることを確認し、それぞれの書類にサインや日付、肩書きなどを記載する。

と書いてあります。

公証人ができること

しかし、いざ公証人の所へ行くと、

  • (持参した)原本が(いわゆる本物の)原本であることは、公証人には判断できない
  • したがって、コピーが本物のコピーであることを言うことはできない。
  • 原本が本物であることを宣言できるのは、それを発行した団体である。
  • できることは、それぞれの書類がコピーであると「私」が宣言したものを、「公証人」が認めることである。

だそうです。正直言って、そんなの意味ある?って感じでした。上で言っていることは、「単に私がこれは本物のコピーだと言っていると、公証人が認めた」だけです。そんな私が主張していることを、公証人が認めるべきことなのかどうか不明です。

しかし、偽造が精巧になっているこの世の中、確かに持参した書類が本物であると(公証人には)言えない以上、彼らがコピーが本物と同じであることを宣言することはできない、というのは、納得する説明であるとも言えます。

オーストラリアサイドが求めれいることを厳密に施行するのであれば、それぞれの発行団体の代表が私と共に公証人に出向き、公証人の前でそれらの書類が本物とコピーであることを宣言し、公証人が認める、という方法のようです。

医師免許証(←厚生労働省)、麻酔専門医(←麻酔科学会)、集中治療専門医(←集中治療学会)、後期レジデント終了証明書(←大学)など、それぞれの代表者と公証人まで出向かなければならない、ということです。現実的にはそんなの無理ですよね?

公証人曰く、国によって書類の発行やコピーの権限、公証人の役割(権限)も異なるため、今回のように他国の常識を自国へ適応することは難しいようです。

結局やったこと

私は諦め、上で書いたように、「それぞれの書類がコピーであると「私」が宣言したものを、「公証人」が認める」という宣言書を作成しました。

全ての書類を一つにまとめたので、一部という扱いで1万円払いました。

上記の方法で提出したものの、このやり方で良いか不明です。

また結果をお伝えしますね。

後日、私の勤務先で働いている日本人に聞いたところ、オーストラリア大使館で認証をしてもらったらしいです。

ここを参照してください。

原本のコピーと証明してくれそうなので、こちらの方が正攻法な気がします。

追記

結局、後日AHPRAという組織から連絡がきて、私の方法では受け付けないと言われました。くれぐれも上記の方法で提出するのは避けてください!!

ABOUT ME
木村聡
福岡県の研修病院で初期研修修了後、大学に入局。米国オハイオ州に臨床研究で留学するも、知識の欠如を痛感。ハーバード公衆衛生大学院に進学し、MPHを取得。マサチューセッツ工科大学メンバーとの共同研究などに関与。 日本では麻酔・集中治療医として働き、オーストラリアでは小児集中治療を一から学び直しています。 乗り越える壁を見つけ続けることは、なかなか簡単ではありませんよね。アラフォー目前、様々な壁にぶち当たり、それなりに多くの経験をしてきました。私の挑戦や経験・知識、失敗談などが、他の誰かの刺激になり、役に立つことを切に願っています。 プロフィールをもっと詳しく見る

POSTED COMMENT

  1. […] 参考までに。こちらのリンクに、郵送の申請方法が書いてあります。この申請フォームに記載し、お金を払い公証人に公証してもらわねばなりません。 […]

  2. […] また、”Certified copy“というのがポイントで、コピーを提出する場合はそれぞれが原本のコピーであることを公証サービスや大使館などで証明してもらわなければなりません。詳細はこちらをご覧ください。 […]

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です