オーストラリア臨床留学の手続き

オーストラリアで臨床医として働く方法

人生、一度でいいから海外で臨床をしてみたい、と思っている医師は意外に多いのではないでしょうか。今回は、(日本を含め)海外の医師がオーストラリアで臨床医として働く方法について、解説したいと思います。

アメリカと異なり、オーストラリアで単に臨床をするだけなら、必ずしもオーストラリアの医師国家試験を受ける必要はありません。しかし、以下に説明するどのpathwayからどのregistrationであろうが、IMGsは”English Language Skills Registration Standard”といって、必ずある程度の英語能力があることを示さなければなりません詳細はこちらをご覧ください。

目標はregistration

オーストラリアで医療行為をするためには、Medical Board of Australiaという団体から認められなければなりません。そして、その許可といいますか、登録されることを”registration“と呼びます。

Registrationには、

  • General registration:オーストラリアで医師となる通常のコース
  • Specialist registration:専門医として登録
  • Provisional registration:一定期間のsupervised practiceが必要で、修了後にgeneral registrationを目指すコース
  • Limited registration:期間限定でトレーニングを受ける海外の医師
  • Non-Practicing registration:その他

といった種類があります。沢山あっていろいろややこしいですが、いずれにせよオーストラリアで医療行為をするためには、この”registration”を目指さなければなりません。

Registrationのための方法

そして、オーストラリアとニュージーランド以外の医学部卒(International Medical Graduates: IMGs)が(上記いずれかの)registrationを得るまでの方法(pathway)として、

  • Competent Authority pathway
  • Standard pathway
  • Specialist pathway
  • (Short term training in a medical specialty pathway)

の3(+1)つのpathwayが存在します。

1. Competent Authority pathway

基本的には、general registrationを目指すIMGsが通るpathwayです。指定された試験(イギリス(PLAB)、カナダ(LMCC)、アメリカ(USMLE)、ニュージーランド(NZREX)、アイルランド)に合格したIMGsが対象となります。

2. Standard pathway

Competent Authority pathwayやSpecialist pathwayの資格のないIMGsが(provisional registrationまたはlimited registrationを介して)general registrationを目指す際のpathwayとなります。オーストラリアの筆記試験と臨床試験(AMC examinations)、またはassessment program(workplace-based assessment)をパスする必要があります。

3. Specialist pathway

海外で既に専門的なトレーニングまで修了しているIMGsを対象としたpathwayです。オーストラリアの専門団体が、果たして自分たちの国の専門性に見合うものかどうか判断し、registration type(Limited registration/Provisional registration/Specialist registration)を決定します。

(4. Short term training in a medical specialty pathway)

海外で既に専門的なトレーニングまで修了しているIMGsの中で、短期間(通常は2年以内)のより専門的なトレーニングをオーストラリアで行いたい人が対象となります。専門的なトレーニングを受けるためのポジションが既に確約されていることが条件になります。

※このpathwayは、基本的にはオーストラリアでずっと専門医として働くためのregistrationとはならないため、それらを目指す人はspecialist pathwayからのregistrationを目指すことになります。

私の場合は、日本で麻酔指導医・集中治療専門医であり、オーストラリアで小児集中治療を短期間学びたい、というスタンスでした。そのため、”Short term training in a medical specialty pathway“から”limited registration“という流れになりました。

Self assessment check to determine which pathway to apply for – for IMGs wishing to practise medicine in Australia

IMGsがregistrationに至るには、上記の中のどのpathwayに申請すべきなのかをflow chart形式で表した図が、Medical Board of Australiaのホームページに掲載してあります。参考にしてください。

まとめ

いろいろなregistrationやpathwayがあり、複雑ですよね。ただ、上記のルールや取り決めはかなり曖昧な印象を受けました。おそらく、英語さえクリアすれば幾らでも臨床をするための方法がある、ということの裏返しだと思います。

ABOUT ME
木村聡
福岡県の研修病院で初期研修修了後、大学に入局。米国オハイオ州に臨床研究で留学するも、知識の欠如を痛感。ハーバード公衆衛生大学院に進学し、MPHを取得。マサチューセッツ工科大学メンバーとの共同研究などに関与。 日本では麻酔・集中治療医として働き、オーストラリアでは小児集中治療を一から学び直しています。 乗り越える壁を見つけ続けることは、なかなか簡単ではありませんよね。アラフォー目前、様々な壁にぶち当たり、それなりに多くの経験をしてきました。私の挑戦や経験・知識、失敗談などが、他の誰かの刺激になり、役に立つことを切に願っています。 プロフィールをもっと詳しく見る

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です